L4AS0Y1OT2

ゲームを活用するとはどういうことでしょうか?
テレビゲームを使って何かをする訳ではありません。


ゲーミフィケーション(英: gamification)とは
課題の解決や顧客ロイヤリティの向上に、ゲームデザインの技術やメカニズムを利用する活動全般。この言葉は「日常生活の様々な要素をゲームの形にする」という「ゲーム化」(gamefy)から派生し、2010年から使われはじめた。 ゲームデザイン手法や仕組みを用いて問題の解決やユーザー契約などを獲得すること。例えば、既存のシステムやサービスへの、順位・可視化・ポイント・カード・バッジ・ミッション・レベルシステムの採用など。さらにゲームの要素を盛り込むことによって楽しみながら意図せずそれらと関わっていってもらうことが目的で行われる場合もある。

参照:Wikipedia


勉強ですと集中も続かないが、ゲームだと長く続けることができる方も多いのではないでしょうか?
そこには、いくつかの仕組みがあるからです。

大切な要素として「楽しむ」「競う」そして、「目的を明確に」があります。

「楽しむ」
真剣に、熱中し、喜怒哀楽を味わい、積極的に参加しましょう。ゲラゲラと笑うだけが楽しむではありません。真剣であっても楽しめます。静かにも楽しめます。自分の中にある楽しいを発見しましょう。

「競う」
目指すは高得点!決して格闘する訳ではなく、一番を目指しましょう!記録更新を目指しましょう!誰よりも美しく、高く、早く、など。勝ち負けではなく、1位でゴールすることを目指しましょう!

「目的を明確に」
どこがゴールでしょうか?ロールプレイングゲームですと最終ボスを倒すことが目的です。トランプのババ抜きならば、手持ちカードを無くすのが目的です。人生ゲームならゴールするのが目的です。
一つ一つに目的を明確にして、参加者全員で目指しましょう!